HOME > りとるちゅちゅ ブログ

りとるちゅちゅ ブログ

妊娠中のカラダのトラブル(中期~)

妊娠期は、体内のホルモンバランスが大きく変化したり、胎児の発育に合わせて身体にさまざまな負担が生じたりと、妊娠特有のトラブルがあります。これはお腹の中の赤ちゃんが順調に育っていくための環境作りや、お母さんになるための準備として考えられます。
 
マイナートラブルは症状や期間に個人差がありますが、そのほとんどの症状が妊娠期間におけるものです。

つらい時は、ご自身で対処したり悩んだりせずに、専門医や身近な人に相談してみましょう。 

◎ 「痔」
お腹が大きくなるにつれ、子宮の周りの血液循環が悪くなりうっ血し、肛門付近の静脈などに静脈瘤ができやすくなります。さらに便秘になりやすいため無理に踏ん張った時などに、うっ血しコブができたり、便で肛門や腸などが傷つき、切れ痔になったりしまうこともあります。
また、お産時のいきみで痔になることもあります。
 
便秘にならないことが予防策の1つです。もしなってしまった場合には、局所を清潔に保ち、塗り薬を医師に処方してもらうようにしましょう。
 
◎ 「尿」
妊娠すると大きくなった子宮が膀胱を圧迫するため、トイレの回数が増えたり、排尿後にすぐ尿意を感じるなど、尿が近くなることがあります。膀胱炎と違い、排尿痛はありません。
くしゃみや咳をした際に、軽い尿漏れをしてしまうこともあります。
 
◎ 「便秘」
黄体ホルモンの影響で筋肉がゆるみ、腸の働きが悪くなるだけでなく、大きくなった子宮が腸を圧迫するので便秘になりがちです。
運動不足も便秘の原因の1つと言えます。便秘対策として、規則正しい食事を心がけるとともに、食物繊維の多い食品を積極的に摂り入れるようにしましょう。
適度な運動も有効です。  
 
◎ 「恥骨痛」
臨月になると赤ちゃんの頭が骨盤の中に入り込むために痛みを感じたり、ホルモンの影響でつなぎ目が緩むため、痛みを感じることや違和感があります。
股関節が痛むこともあります。 

◎ 「腰痛」
妊娠後期になりお腹が重たくなると、お腹を前に突き出し背中を反った姿勢をとってしまいバランスが悪くなりがちです。
 
ホルモンの影響で骨盤や背骨のつなぎ目が緩み気味になるため、ずれて痛みが出たり、お腹がどんどん大きくなるにつれて、腰の筋肉が伸びて薄くなり、傷つきやすくなるので痛みも出ます。骨盤が不安定な状態であったり、お腹を支える筋力不足や、急激な体重の増加も腰痛の原因です。
専用の骨盤ベルトや妊婦帯などを使うことで、腰への負担が減り腰痛が軽減することもあります。
  
また、歩きやすく、転びにくい靴を履くのも腰痛を軽減させる1つです。かかとのない低い靴を履くとお腹がせり出しているため、かかとに重心がかかり、かえって腰痛の原因になってしまう場合もあります。
転びやすい高いヒールは危険ですが、2~3cmぐらいのローヒールの靴であれば、重心がとりやすくなります。
                   

◎ 「静脈瘤」
静脈は重力に逆らい、足から心臓へ向かって血液が上っていきますが、黄体ホルモンにより、血管内の弾力が低下し静脈弁の働きが鈍くなるだけでなく、大きくなった子宮が脚部などの静脈を圧迫するので、血液が上へ戻りにくくなりコブのように膨らみます。
太もも・ひざの裏・すね・ふくらはぎ・肛門・膣などにできやすいようです。
 
長い時間、立ち続けたり座り続けるなど同じ姿勢でいるのを控えましょう。
高齢妊婦、出産回数が多い人の発生率が高いようです。
                   

◎ 「下腿痙攣(かたいけいれん、こむらがえり)」
就寝時に突然なったり、日常的に起こる場合もあります。
カルシウム不足が原因で起こることが多いため、カルシウムの多く含まれている食品を、ビタミンDとともに積極的に摂るようにしましょう。
運動不足や体重増加などが重なって下半身の血流が滞ると起きやすくなります。
高齢妊婦の方に多いようです。
 
◎ 「お腹の張り」
疲れや動きすぎが原因で、子宮が収縮して生理痛のような鈍痛を感じたり、お腹が硬くなりつったような感
じです。                   
張った際には、横になる、椅子に座るなどして身体を休めて落ち着かせます。規則的な張りや、出血がある場合は受診しましょう。
 
◎ 「息切れ」「動悸」
肺が押し上げられると血液循環量が増えて肺への負担が大きくなり、息切れしやすくなります。
また、心臓が圧迫されると、肺と同様に血液循環量が増える影響から、心拍数が増えて動悸を感じるようになります。 


漢方の考え方

漢方には「陰陽五行説」という考え方があります。
古代の人達は、自然界のあらゆるものを「陰(いん)」と「陽(よう)」に分ける「陰陽説」と、自然界の物事や現象、生活上の経験・観察などのさまざまな変化や関係性を「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(ごん)」「水(すい)」の5つに分類していく「五行説」です。
人と自然の関係を解釈する手段として五行は、人体の生理、病理、病因、診断、薬物、治療上で影響を与えている。
 

◇「陰陽説」とは
 
「陰と陽」は互いに対立する立場にありますが、切り離すことができない性質を表しています。「陰と陽」のパワーは一方が強まると、もう片方は弱まります。その繰り返しでバランスが止まることなく変化しているのです。
 
わたしたちのカラダは「陰平陽密(いんぺいようひ)」であると漢方では考えられています。
これは陰も陽も平らで、バランスのとれた状態が望ましいのですが、このバランスが崩れた時に病気になるといいます。
体内の陽が陰より増えた場合には熱を出し、陽が陰より少なければ寒さを感じます。


◇「五行説」とは
 
中国医学では自然界のすべてのものは「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素から成り立っていると考えます。
「木」「火」「土」「金」「水」はそれぞれの特徴を活かし合いながら、助け合ったり抑制したりしてバランスを保っています。人のカラダの器官や精神に当てはまり、心身全体のバランスを整えることで、カラダに起こる不調を改善していくという五臓の考え方に通じているのです。
 
この五行(5つの要素)の相互間には、相性が良いとされる「相生(そうじょう)」、相性が悪いとされる「相剋(そうこく)」、ますます盛んに強くなるとされる「比和(ひわ)」があります。五行はそれぞれの特徴を持ち、それらの相生や相剋によって自然界のあらゆるものが法則化できると考えられます。
  
<< 相生(そうじょう) >>
木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ずるというのが「相生」といいます。
この関係は永遠の循環を示すものです。「相性が良い」という言葉はここから生まれました。
  ・木が燃えて火を生む (木生火)
  ・火が燃えた後は灰が残り灰は土になる (火生土)
  ・土の中から金が発掘される (土生金)
  ・金属の表面には水滴がついて水が生じる (金生水)
  ・水は木を成長させる (水生木) 

<< 相剋(そうこく) >>
木は土に勝ち、土は水に勝ち、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つというのが「相剋」といいます。
・木は土から養分を吸い取って生長する (木剋土)
・土は水を吸い取ってしまう (土剋水)
・水は火を消してしまう (水剋火)
・火は金属を溶かしてしまう (火剋金)
・金属は斧となり木を切ってしまう (金剋木)
 
<< 比和(ひわ) >>
木と木、火と火、土と土、金と金、水と水は相乗効果でますます盛んになるというのが「比和」です。
これが良い方向へゆけば「さらに良い」となりますが、逆に悪い方向へゆくと「ますます悪くなる」ということになります。
 
 
◎木の特徴
外からの力によって湾曲したり、真っすぐ伸びたりするのは樹木の特徴です。自然界の事物や現象に曲直の特徴があるのは、木の範囲に属します。
たとえば、人の四肢が曲ったり伸びたりするのは木の作用であるといえます。
 
◎火の特徴
炎が盛んに燃え上がり、物が燃焼し過度に旺盛になって燃え上るのは火の特徴です。このように過度に亢盛するのは火に属します。
人が高熱を出した場合や、かんしゃくもちで怒り易いのは一般に火気が亢盛したものといえます。
 
◎土の特徴
自然界の一切の物質は土地の上にのっています。土には物を載せるという特徴があります。夏は土の範囲に属します。
なぜ土に属するのかというと、毎年夏になると土からの養分を得て草木は成長し繁茂します。土から養分を得て繁茂している状態は土に載っかっている格好なのです。金、木、水、火の作用は、土の物を載せるという特徴の基盤の上に生ずるもので、土以外の他の四つにはありません。
土は五行の中で最も重要なもので、万物の母といえます。 

◎金の特徴
金属というものは澄みきった音を出すものであり、音を発するのは金の特徴です。自然界の事物や現象で声を出すのは、金に属します。
たとえば、話す声が低かったり、しわがれ声だったり、咳などは一般に金が病にかかったものであり、このように発声に関係あるものといえます。
 
◎水の特徴
水は自然の状態では冷たいので寒冷は水の特徴です。自然界の一切の事物や現象が寒冷であれば、水に属します。
たとえば、冬季は五行では水に属するといわれている。なぜなら、冬は寒冷であり寒冷は水の特徴であるからです。
 
 
漢方では、患者をカウンセリング、診断をし、五行説に基づいた理論を基本にして対処していきます。すべてが5つの要素で構成されていると考えるのです。 


 
 
 
 
                                             
 
  

妊娠中のカラダのトラブル(初期)

妊娠期は、体内のホルモンバランスが大きく変化したり、胎児の発育に合わせて身体にさまざまな負担が生じたりと、妊娠特有のトラブルがあります。これはお腹の中の赤ちゃんが順調に育っていくための環境作りや、お母さんになるための準備として考えられます。
 
マイナートラブルは症状や期間に個人差がありますが、そのほとんどの症状が妊娠期間におけるものです。

つらい時は、ご自身で対処したり悩んだりせずに、専門医や身近な人に相談してみましょう。
 
◎ 「熱」
黄体ホルモンの影響で基礎体温が上がったままになり、微熱がつづくことがあります。
また、体がほてったり、怠さがつづく、疲れやすい、集中できないなど、風邪に似た症状があらわれるため、妊娠に気が付かず風邪薬を服用してしまう人もいます。
 
◎ 「頭痛」
妊娠初期は、自律神経の乱れや脳の血管が拡張するため頭痛を起こしやすいのです。
特に12~14週が最も多くなりがちです。妊娠に気が付かずに薬を服用してしまうと、胎児に影響がでてしま
う場合もあります。
妊娠後期は、お産への不安やストレスが原因となる場合が多いようです。
 
◎ 「おりもの」
ホルモンの影響で膣内の分泌物が増え、おりものの量が増えます。色は乳白色で粘りがあり、においは強くありません。
ホルモンの増加により膣内は過度に酸性となり、カンジダの膣炎に感染しやすくなります。カンジダ膣炎は、カンジダ真菌が体調の変化などで増殖して起こる症状です。かゆみや、おりものに臭いがある場合には、感染の疑いがあるので受診しましょう。
 
◎ 「つわり」
黄体ホルモンの分泌増加により胃腸の機能が低下し、性腺刺激ホルモンが急激に増加して、脳の嘔吐中枢を刺激するなどの、ホルモンのバランスの変化によって起こると考えられます。
大半の人が体験します。早い人では月経の遅れに気づく4~6週頃から始まります。吐き気や胸のむかつきを感じたり、胸やけがしたり、吐いたりといった症状があらわれます。匂いにも敏感になっているため、調理や食事の際、空腹時、寝起きなどにあります。
 
精神的ストレスがあるとホルモン分泌に影響を与えるため、症状が重くなる可能性もあります。
妊娠後期に、胸やけ、胸がつかえるなどの症状がみられることがあります。これは、大きくなった子宮が胃を持ち上げるために起こるので、胃の不快を感じる人も少なくありません。
消化の良いものを少しずつ、回数を分けて食べるようにしましょう。 

◎ 「眠気」「不眠」
ホルモンのバランスが急激に変化したために起こります。妊娠中の疲れやすい身体を休ませるためにホルモンが眠気を起こすので、しっかりと睡眠をとっていても眠くなります。
妊娠後期になると神経が過敏になり、お産への不安から不眠になりがちです。大きくなった子宮が大静脈を圧迫するため、息苦しくなり熟睡ができなくなります。
 
同じ向きで寝続けることもきつくなるので、寝返りのたびに目が覚めてしまうことが増えます。
 
◎ 「貧血」「立ちくらみ」
急に立ち上ったり、長い時間立ち続けると、立ちくらみしやすくなります。立ち上がる時は、ゆっくりとした動作でおこないましょう。また、長く立ち続けるのも控えましょう。
貧血が原因の場合もあるので血液検査は必ず受け、日ごろの食事では、鉄分・ビタミンC・たんぱく質を上手に組み合わせて摂るようにし、糖質や脂質は控えましょう。
ひどい場合には医師に相談し、鉄剤など薬を処方してもらいます。 



漢方って?

中国でおこなわれていた医療技術をもとに、日本が独自に発展させた医療方法です。
漢方というと、漢方=漢方薬を想像しますが、「鍼灸・気功・薬膳・養生」なども全て漢方に含まれます。
 
漢方治療では、その患者さんの症状にあわせて心身のバランスを整え、病気を改善させていきます。同じ病名であっても、「体質・体型・免疫力・自覚症状」などは患者さんによって異なるため、漢方薬が処方される場合があります。
つまり、病気に対してではなく患者さん個々に対して治療するのが、漢方の治療方針なのです。
 
漢方薬は、天然の産物である「動物・植物・鉱物」にあまり手を加えずに蓄えておき、薬用として使用する生薬と言われるものを数種類混ぜ合わせて作ります。
混ぜる種類、分量、服用の時期や方法に法則や制限があります。生薬を単独で用いても漢方薬とはいえず、何種類かの生薬を決められた比率で決められた方法で煎じて飲むことで初めて漢方薬といえるのです。

漢方1

サロンでアロマを取り扱い、施術後のアフタードリンクにハーブティーをお出ししているとアロマやハーブについて勉強することがあります。
そこでふと疑問が。。。
ハーブと漢方って何が違うのだろうか?
そんなことから、漢方を勉強し始めました smile

漢方は中国、ハーブはヨーロッパが発祥です。
共通点として、どちらも古くから伝承されてきた自然療法といえるでしょう。外的な目に見える症状の緩和ではなく、本来人間が持っている免疫力アップや体質改善、心身のバランスなど内的から緩和していきます。
 
また、相違点としては、ハーブは植物の有効成分を取り入れるのに対し、漢方は植物・動物・鉱物を利用します。 




  

アイブロウケアや眉毛エクステンションの需要が高い理由

近年、眉毛のケアをサロンに通っておこなうのが当たり前となってきています。
利用者は、若い方からご年配の方までと幅広く、男女を問わない需要の高いメニューです。
 
その理由の1つとして、90%以上の方が眉毛に悩みをもち、上手にセルフケアができないといったところが挙げられます。左右対称ではない顔に対して、左右同じ眉毛のメイクをしていても上手くいかないのは当然です。
手間のかかる眉毛だからこそ、きちんと整えてトリートメントをして欲しいと求める方が増えているのです。眉毛専門の美容院と呼べるようなサロンもあるのが現状です。
 
眉毛ひとつで顔の印象は大きく変わってしまう程、重要な部分なのです。
眉毛のメイクアップも様々で細い眉を好む人・太い眉を好む人と色々です。また最近では自然な眉毛を好む人も現れ「眉毛育毛剤」の商品も販売されるほど、眉毛も注目を集めています。

眉毛エクステ
 
お客様に多い悩みとして、下記のものがあげられます。
 
・自分に合う眉がわからない
・きちんと整えたい
・眉が薄い
・怪我をして一部生えてこない
・イメージを変えたい
・左右対称にならない
・素顔でもキレイでいたい
・メイク時間を短縮したい
・メイクが上手くいかない
・アートメイクには抵抗があるが、毛の量を増やしたい
・眉毛の生えている感を出したい
  

眉毛エクステはアイブロウティストにお任せ

ご自身では難しい眉毛ケアの悩みを解消してあげられる仕事が、「アイブロウティスト」です。
ひとりひとりの骨格に合わせ、個々のニーズに合わせた眉毛をプロデュースしてくれます。
自分に合った眉メイクをみつけてくれるのと、美眉へのアドバイスもしてくれるのです。
 
目のまわりをケアする「アイリスト」と同じように扱われることがあります。
これは、ケアひとつで顔の印象を変えてしまう点で、アイリストもアイブロウティストもとても重要な役割を担っているからなのです。

最近では、女性だけでなく男性にもアイブロウティストに興味を持つ人は多いようです。 
もちろん、お客様としても男性の需要は高くなってきています。

眉毛エクステ2


妊娠中の女性ホルモン

妊娠中の身体に重要な女性ホルモンは2種類あります。卵巣から分泌されるこの2つのホルモンが大きく関わることで、カラダとココロにいろいろな変化がおこります。
卵胞から分泌される「エストロゲン(卵胞ホルモン)」月経後の卵胞期に多く分泌
黄体から分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」排卵~月経前に多く分泌
 
エストロゲンは、胸を大きくしたり、お肌に艶やハリを出し、髪に潤いを与えてくれる女性の味方ホルモンです。月経の周期に関わったり、妊娠、出産にも影響します。
 
またエストロゲンの作用により、排卵時期には「おりもの」の分泌量が増えます。
更年期に入り月経が止まると、エストロゲンの分泌もなくなります。
 
プロゲステロンはエストロゲンとは反面で、皮脂量を増やしメラニン生成を活発にし肌にシミを作ってしまうなど、肌荒れや便秘の原因ともなることの多い、女性の悩みホルモンです。
しかし、妊娠するためには非常に重要な役割をしています。プロゲステロンは高温期を維持させて、子宮内膜に受精卵が着床しやすいよう手助けをします。着床後は、赤ちゃんが成長しやすいように整えてくれるのです。 

マタニティお腹

へその緒と胎盤

◇ へその緒(臍帯)
 
胎児と母親の胎盤とを繋ぐとても大事な管です。
へその緒は、母体から胎児に酸素と栄養を取り入れたり、胎児が排出した二酸化炭素や老廃物を戻したりする大切なパイプの役割をしています。
へその緒は、分娩時に赤ちゃんとともに出てきますので切ります。その後、赤ちゃんにくっいているへその緒は、感染症を防ぐため消毒をし、邪魔にならないよう縛ります。1週間ほどで徐々に乾燥して渦を巻くように小さくなって取れてしまいます。母体側は、胎盤と一緒に出てきます。
 
 ◇ 胎盤
 
子宮の中で赤ちゃんが育つために必要となる臓器です。妊娠15週くらいで完成します。完成した頃100gくらいだった胎盤は、直径約20cm、厚さ2~3cm、重さ500~600gくらいになってでてきます。
お腹の赤ちゃんは羊水の中で胎盤からへその緒を通して、栄養摂取や呼吸を行います。胎盤は、肺、腎臓、肝臓、内分泌器官など、まだ臓器が完成していない胎児のために重要な役割をしてくれます。
胎盤にもトラブルが発生する場合があります。
前置胎盤(ぜんちたいばん)、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)、盤機能不全(たいばんきのうふぜん)、癒着胎盤(ゆちゃくたいばん)、絨毛性疾患(じゅうもうせいしっかん)などがあります。
前置胎盤は胎盤の位置が正常より低く、子宮の出口をふさいでいる場合をいいます。大出血を起こすこともあり、出産時には帝王切開が必要になります。
胎盤は血管の集まりですから、いい血管、いい血液を作ることが、健康な胎盤作りには大切です。 


マタニティートリートメントとは

大切な赤ちゃんがいる妊娠期間中には、ママになるための準備としてココロもカラダも、ホルモンバランスの影響を受け大きく変化します。
この期間は薬を使えずにいたり、日常的におこなっていた運動やマッサージができずにいたりと、生活リズム自体が変わってしまう場合もあります。
この期間におこりやすいマイナートラブルを、少しでもケアしていくのがマタニティトリートメントです。
 
マタニティトリートメントは、カラダのトラブルを軽減させるだけでなく、出産や育児への不安など、ココロのトラブルも軽減させてくれます。また、母子共にリラックスし、快適な思いを共有することで絆を深めるなどの効果もあります。
 
しかし、とてもデリケートな妊婦に対しトリートメントをおこなう際には、体調を悪化させてしまう恐れもあるため注意が必要です。
マタニティトリートメントをおこなう際には、事前に十分な知識や技術を習得することが望ましいです。
 
マタニティートリートメント本講座では、お客様に、マタニティライフを少しでも快適に過ごしていただけるようなセラピストを目指すための「理論」と「実技」の勉強をします。

マタニティお腹のサムネイル画像 

ベビーマッサージの効果

生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通・・・それは肌と肌を通じておこなうケアです。
ベビーマッサージはお母さんが赤ちゃんとふれあい生命の尊さを実感することができる
「心のコミュニケーション」です。

ベビーマッサージの効果は様々。
赤ちゃんの発達と精神の安定は成人期まで影響するといわれています。
ベビーマッサージを推奨しているある医師は以下のように言っています。
「マッサージとは本来、思いやりのある温かな心で、愛と尊敬と信頼をもって人と関わることであり、マッサージを受け続けた子どもは大人になってもそうした態度は忘れることはない。」

ベビーマッサージの効果には、
1.免疫力を高めて、病気に強い身体を作ります
2.皮膚を刺激することで脳や運動神経の発達を促します
3.便秘の解消に効きます
4.グッスリと眠るようになるので、夜泣きを防いでくれます
5.マッサージによって、知育・育脳のベースを育てます
6.ふれあうことでコミュニケーションがとれ、情緒が安定し表情も豊かに育ちます
7.反抗期を乗り越えやすくしてくれます
8.育児への自信に繋がります
9.パパにもできるコミュニケーションツールです

ベビーマッサージを行ううえで一番大事なことは赤ちゃんが喜んでマッサージを受けているかどうかというところ。
そんな喜ぶ赤ちゃんを見るとママも幸せいっぱいの気持ちになります。
様々な手順は手順シートを見ながら実技をマスターすることができますので安心です。

赤ちゃんは、ぐずったり、飽きっぽかったりとなかなか大人の思う通りには動いてくれません。
そこでベビーマッサージの手順を覚えるには赤ちゃん人形を使って練習します。
実際周りに赤ちゃんがいらっしゃらない場合でも安心して学ぶことができます。

2010年09月27日_P9270227.jpgベビマ
 

<<前のページへ123456789

アーカイブ

このページのトップへ